【Python】コマンドライン引数を利用できるargparseの使い方

Programming

argparseというPythonの標準モジュールがあります。
これを使うとプログラムの実行時にコマンドライン引数を取ることができ、コマンドライン上での柔軟なプログラム実行が可能になります。

コマンドライン引数とは


$ python test.py test1.txt -c

のように、プログラムをコマンドライン上で実行する上でファイルやパラメータ、オプションなどの指定をするものです。

argparseの使い方


#argparseモジュールのインポート
import argparse

#パーサーの生成
parser = argparse.ArgumentParser(description="プログラムの説明")

parser.add_argument('args1', help='引数の説明') #プログラム実行時に必須の引数追加
parser.add_argument('--args2', help='') #オプション引数(必須ではない引数)追加

#引数の解析
args = parser.parse_args()

#コマンドライン引数をなんらかの処理
print(args.args1)

モジュールをインポートする

パーサーを生成する

引数を追加する

引数を解析する

の流れを覚えて、あとはそれぞれのメソッド名などを暗記してしまえばある程度は使えるようになりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました