MAMPでCakePHP3のローカル開発環境をサクッと構築!【PHP】

PHP

CakePHP3を使った業務を行うことになり、さあ実行環境をどう作ろうかと考えていました。
DockerかVagrantを使おうかなどとも考えていましたが、よく考えたら本番環境はLAMPだったのでMAMPを使ってささっと済ませることにしました。

MAMPとは

MAMPとは「Macintosh」「Apache」「MySQL」「PHP(Python,Perl)」の頭文字をとったものです。
一般的にWebアプリケーションを開発するには、OS、Webサーバーソフトウェア、データベース、Web開発用言語が必要になってきますが、MAMPではこれらのソフトウェア&ミドルウェアを一括でダウンロードし、開発環境を構築・管理することができます。
MAMPの実体、というかMAMPで作られる開発環境の実体は、Applicationディレクトリ(~/Application)直下に作られるMAMPディレクトリ(フォルダ)そのものです。
この中にMySQl、Apacheなどが入っており、写真のような象マークのアプリケーションによって、それらの設定や起動を行うことができます。

MAMP/htdocs内に自分の作りたいWebサービス用のディレクトリを作り、その中にファイルを配置してApacheサーバーを起動させることで、(必要に応じてMySQLとの繋ぎこみも行って)Webサービスの開発環境をローカルに作ることができます。

MacOSにMANPでCakePHP3の実行環境を作る

さてここからは実際に、実行環境の作成方法を説明していきます。

MAMPのインストール

MAMP公式サイトからMacOS用のMAMPをインストール。

ダウンロード後、インストーラ(拡張子.pkg)を起動し、指示にしたがってアプリケーションディレクトリに格納。

MAMPをスムーズに使えるように設定する

まずはMacOSで使うPHPをMAMPのものに切り替えましょう。
bashをお使いの方は~/.bashrcに、zshをお使いの方は~/.zshrcを開き、パスを通します。

vi ~/.bashrc
export PATH=/Applications/MAMP/bin/php/php7.2.14/bin:$PATH

もちろん使いたいphpのバージョンによって、php7.2.14の部分は変更しちゃってOKです。

Composerのインストール・設定

CakePHP3のインストールには、パッケージマネージャー「Composer」が必要なのでインストールしましょう。

composerのインストールには色々な方法がありますが、今回は公式サイト からコマンドを使ったインストールを行います。

Downloadページに移動し、php -rから始まるコードをそのままコピペしてターミナルで実行します。

ちなみにこのコマンドでインストールすると、composer.phar(composerの実体)がそのコマンドを実行した時点でのディレクトリ直下に入るので、実行には


php composer.phar

と打たなければならず少々面倒です。
そのため


mv composer.phar /usr/local/bin/composer

のように移動し、パス(この場合/usr/local/bin)を通せばcomposerというコマンド一発でどこからでもcomposer.pharが実行できるようになります。

CakePHP3プロジェクトのインストール

やっとCakePHP3をインストールできます。
MAMPディレクトリ直下にあるhtdocsディレクトリ(~/MAMP/htdocs)に移動して、composerのコマンドを叩きます。


composer create-project --prefer-dist cakephp/app my_app_name

Apacheサーバーの起動

MAMPアプリを起動してApacheサーバーを立ち上げましょう。

MAMPのデフォルト設定ではホストはlocalhost、ポートは8888番になっています。

http://localhost:8888

からアクセスできます。

MySQLの設定

もし作ろうとしているWebアプリにMySQLが必要ならば、その設定もしておきましょう。

まずMAMPのスタートページからphpMyAdminのダッシュボードに移動し、データベースの作成など必要な作業をしていきましょう。

次に、CakePHP3プロジェクトのconfig/app.phpにDB接続設定を記述しましょう。
デフォルトは Host:localhost 
Port:8888 
User:root 
Password:root ですが、怖かったら作業用のmysqlユーザーを作るといいでしょう。

ちなみに、


PATH=$PATH:/Applications/MAMP/Library/bin

をbashrcに通しておくと、MAMPのmysqlなどコマンド群がターミナルから操作できるようになります。
※元から存在するものと混乱する恐れがあるので、MAMPでの開発が終わったら消しておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました